ホーム > タグ > 文化

文化

絵本「くまもんとブルービーのなかまたち」を寄贈させて頂きました

絵本「くまもんとブルービーのなかまたち」を下関市を通じて市内にある幼稚園・保育園・認定保育園84施設、また、下関市こども発達センターや社会福祉法人じねんじょ・かねはら小児科等市内各所へ寄贈させて頂く為に100冊を購入いたしました。

この絵本は、作家・写真家で熊本県南阿蘇にある葉祥明阿蘇高原絵本美術館館長の葉山祥鼎(はやましょうてい)さんによる文と、画家・イラストレーターで現在スイス在住のハヤマテイジさんの絵による合作です。

また、今回の寄贈は下関市長府にあります画廊茶屋梵天を経営される株式会社ノマ企画様で開催されていた葉山祥明絵本美術館と南阿蘇復興のための絵本原画展や関連グッズ販売に端を発しており、絵本やグッズの全売上が寄付されるという素敵な企画に賛同したものです。また、ノマ企画様におかれましては、他にも素晴らしい復興支援の企画をされておりますので、是非下記URLをご参照下さい。

http://www.nomakikaku.com
子供たちへ寄贈するにあたり、くまもんとブルービーのなかまたちが手を取り合ってツリーハウスを作る物語性も、復興支援で手を取り合う姿に重ね合わせ、困った時には助け合う精神と、くまもんやブルービー通じて熊本を好きになって欲しいという意味も込められています。

復興支援の形にも色々とありますが、今回このような形で子供たちへもプレゼントが出来ました事を大変嬉しく思っています。

また、絵本購入資金は弊社ショールームを市民の皆様に貸し出させて頂いております(ショールーム行事予定をご参照下さい)使用料から全額支出しております。従って、この寄贈は、弊社をご愛顧頂いているお客様と、弊社ショールームをご利用して頂いている皆様、そして弊社スタッフや関係各位様に支えられて、共に行ったものです。私共にこのような機会を与えて下さった事に改めて感謝いたしますと共に、今後とも弊社を信頼しご利用頂けますよう、より一層の努力をしてまいりたいと思います。

子供たちは人類共通の宝です。未来を担う子供たちに、少しでも負の遺産を残さない、そして持続可能な社会を実現する、そのために出来る事を精一杯やるのがアルミュールの目的です。教育・文化といった国の根幹を支える部分に於いても、尽力してまいる所存です。

絵本贈呈式

下関市役所にて絵本贈呈式
かねはら小児科にて
かねはら小児科にて
下関こども発達センターにて
下関こども発達センターにて
————————————————————————————————————————

山口県 下関市 大字延行119-1 : 合田燃料器機 ㈱:  アルミュール ブログ

:カナエアイC99Facebookファンページアルミュール

————————————————————————————————————————

『琉球舞踊』が大濠公園能楽堂にて開催されます

国指定重要無形文化財の『琉球舞踊』が、福岡市中央区の大濠公園能楽堂にて開催されます

出演は、佐藤太圭子(琉球舞踊総合認定保持者、沖縄県立芸術大学名誉教授)、

特別ゲストに野村万作(狂言師 人間国宝)です

 

なかなか沖縄以外では見られない佐藤太圭子さんの琉球舞踊野村万作さんの競演は、

遠く東京からも来場される方がいらっしゃる程、貴重な公演です

チケットはまだ若干残っているようなので、お早目のお問い合わせをお勧めします

 

*****************************************************************

琉球舞踊

『琉球舞踊』

scan-8-2

日 時 : 平成22年3月5日(金) 18時開場 19時開演

場 所 : 大濠公園能楽堂  福岡市中央区大濠公園1-5

主 催 : ノマ企画、ふくおか「万作・萬斎の会

共 催 : 大濠公園能楽堂

問合せ : ノマ企画 ℡083-246-6266

       受付時間10~18時(金曜日定休)

*****************************************************************

企画は下関市長府の 『画廊茶屋 梵天』でおなじみの株式会社ノマ企画です

またとないチャンスに、是非いらしてみては如何でしょうか

————————————————————————————————————————

山口県 下関市 大字延行119-1 : 合田燃料器機 ㈱アルミュール : アルミュール ブログ : C99

————————————————————————————————————————

『田中絹代ぶんか館』開館記念式典

本日、下関市田中町にオープンした『田中絹代ぶんか館』開館記念式典に出席してきました

 

9時30分より開始予定の記念式典会場、『田中絹代ぶんか館』1階エントランスホールは、

多くの関係者と報道陣、一般市民の皆さんで鮨詰め状態となっていました

私たち施工業者に用意された招待席は、特設ステージの前から2列目です

既に歩くスペースも僅かしか残っていない中をやっとの思いで辿り着くと、

目の前は下関文化振興財団理事長でタレント・エッセイストの安藤和津さんが、

その左隣には元総理大臣の衆議院議員安倍晋三さん、

ゲストには俳優であり監督でもある奥田瑛二さんと、女優の松坂慶子さん他、

多数の方がお見えになっていました

 

式典が始まる前に、持ってきたデジタル一眼レフのボディにレンズとストロボを装着し、

準備万端となったところで「館内は撮影禁止となっております」とのアナウンスが…

素直な私は、全て元通りに外してバッグの中にしまったのは言うまでもありません

残念ながら、その時の様子をお見せする事は出来ませんが、

多くの報道陣がいらっしゃいましたので、ネットでも探せると思います

 

下関市長中尾友昭さん、下関市議会議長の関谷博さん、衆議院議員の安倍晋三さん、

そして『田中絹代ぶんか館』名誉館長で直木賞作家の古川薫さん達のスピーチは、

いずれ劣らず素晴らしいものでした

私も見習いたいもですが、上がり症の私には多分無理ですね…(^^ゞ

 

奥田瑛二さんはとてもスリムで、顔も小さく、しかも機転の利くスピーチが印象的でした

そして松坂慶子さんのスピーチは、年齢を感じさせない初々しさが眩しかったです

実は松坂慶子さんを間近で拝見するのは今回で2回目でした

今から役20年前、たまたま銀座で映画を見た帰りに偶然道端でお見かけしたのですが、

コートに帽子をかぶり、大き目のサングラスをかけて完全武装をされていましたが、

大女優のオーラを隠し切る事など到底無理で、その美しさに釘付けになった事を今も鮮明に覚えています

今はその時の輝き方とは違いますが、年齢を重ねてもあの初々しさと華やかさを保っている彼女は、

正に日本を代表する存在感のある女優としてのオーラを放っていました

勿論ゲストの方々とお話しする機会はありませんでしたが、

素晴らしい式典に招待された事は大変光栄でした

田中絹代ぶんか館 記念式典

田中絹代ぶんか館』開館記念式典の会場、『田中絹代ぶんか館』です

『田中絹代ぶんか館』

田中絹代ぶんか館』の前身、下関市庁舎第一別館は、大正13(1924)年に旧逓信省下関電信局電話課庁舎として建造されました

田中絹代ぶんか館』が、下関の文化人の情報発信元として、また映画ファンの聖地として、

これから多くの人が訪れる事を強く願っています

感謝状

頂いた感謝状です

社名が不正確なのはご愛嬌といったところでしょうか…

————————————————————————————————————————

山口県 下関市 大字延行119-1 : 合田燃料器機 ㈱: アルミュール : アルミュール ブログ : C99

————————————————————————————————————————

田中絹代ぶんか館 (近代先人顕彰館) 空調工事の社内検査

下関市田中町5番7号にある田中絹代ぶんか館 (先人近代顕彰館) 空調工事の社内検査に行ってきました

約1年以上に及ぶ工事も、漸く完成間近となりました

私たちの請け負った主な内容は、GHPによる冷暖房及び加湿を行う空調設備工事と、

全熱交換器による換気設備工事、ガス給湯器を使用した温水床暖房工事です

今回の現場は、文化財保護という難しさはあったものの、

工期には大変余裕が有り、非常に満足できる施工が出来たと思います

発注者である下関市による課内検査、検査官検査の後引渡しとなりますが、

安心して立ち会えると確信しました

 

田中絹代さんは、小学校3年生まで下関で生まれ育ち、

大正・昭和の日本を代表する女優であったことは良く知られています

出演映画が世界三大映画祭(カンヌ・ヴェネチア・ベルリン)の全てで受賞しているというのは凄いですね

私も高校生の時、学校(私立和光学園高等学校)の総合学習授業で『サンダカン八番娼館 望郷』を見たのですが、

栗原小巻さんの美しさと共に、晩年の田中絹代さんの演技が一際輝いていたのを覚えています

この映画で、ベルリン国際映画祭銀熊賞 (女優賞)芸術選奨文部大臣賞を受賞していたのは、

このブログを書く際に調べて、初めて知りました

 

f1000868

田中絹代ぶんか館 (近代先人顕彰館) 空調工事の社内検査に来ました

外観は、「第一別館」と呼ばれていた頃と大きく変わりません

f1000867

田中絹代ぶんか館 (近代先人顕彰館) 1F、エントランスを入って右側です

窓の下に並んでいる白い箱状の物が空調用の内機です

エントランスを入って反対の左側にあるミニホールに床暖房を完備しています

f1000864

どこの天井部分の写真なのか、来館された際、是非探してみて下さい

田中絹代ぶんか館

田中絹代ぶんか館の外観の特徴である柱を下から撮ってみました

 

田中絹代ぶんか館の開館は2010年2月13日です

様々なイベントが用意されているようなので、皆さん是非いらっしゃって下さい

————————————————————————————————————————

山口県 下関市 大字延行119-1 : 合田燃料器機 ㈱: アルミュール : アルミュール ブログ : C99

————————————————————————————————————————

下関 馬関まつりに行ってきました

昨日、下関で行われた第35回 馬関まつりに行ってきました

馬関まつりは、今から35年前の1974年、

「歌と踊りとみんなの夜市」として、(社)下関青年会議所が始めたものです

馬関まつり」と名がついたのは1977年からで、市民公募により決まりました

以来、時代と共に少しずつ変化していった「馬関まつり」、

(社)下関青年会議所を卒会してから5年が経ち、

のんびりと行けるようになりました

子供たちが「浴衣を着たい!」と楽しみにしていた馬関まつりに、

日曜日の15時位から行ってきました

 

土曜日・日曜日と2日ある馬関まつりですが、

基本的には夕方から夜にかけてが一番人出が多いので、

私たちの行った時間はその少し前で、徐々に盛り上がろうとしているところでした

細江町の市営駐車場は思ったほど車も多くなく、すんなりと入れました

主に海峡メッセ付近のみをぐるっと回りましたが、

JCメンバーも殆ど知らない顔ぶれに変わっていました

 

数少ない顔見知りの後輩Sに会った直後、

テレビの取材を受けてしまいました

あまり映りたくなかったで、適当に応えてしまいました(すみません!)

「市民として、馬関まつりに対する思いは何ですか?」

と言われても、JCのOBとしては語りだすと長くなるし、

完全な市民目線でのコメントを求めている取材スタッフの希望は適えられそうにありませんでしたし…

娘たちの画だけでも使えればと思いましたが、実際どうだったのかはわかりません

どうか、無精髭の私は映っていませんように…

(後輩Sに会った時点で、嫌な予感はしてたのです)

 

そういえば、(財)下関21世紀協会の会長T氏にも遭遇しました

アジアインポートフェスティバル in KANMON 2009 関門海峡花火大会

が無事に終了した事もあって、とてもリラックスした表情でした

Tさん、お疲れ様でした!

 

まだ子供たちが小さいので、小一時間馬関まつりを楽しんで会場を後にしました

picture12

馬関まつりのスタッフは、きっと夜の1時位まで後片付けをした事でしょう

JCメンバーと、多くのボランティアスタッフの皆さん、楽しい祭りをありがとうございました

この先もずっとこの祭りが続くことによって、イベントが“文化”に進化していって欲しいと思います

その進化の過程(歴史)をこの目で見届けることが出来るのか、楽しみと不安が交錯します

「文化は国の力なり」

この国が光り輝き続けるよう、私たちで出来ることは続けなければなりません

余裕の無くなっている今だからこそ、文化振興は大切なんだと思います

心の拠り所を持つことは、人生を何倍も楽しくしてくれますから…

————————————————————————————————————————

山口県 下関市 大字延行119-1 : 合田燃料器機 ㈱: アルミュール : アルミュール ブログ : C99

————————————————————————————————————————

Home > Tags > 文化

Search
Feeds
Meta

Return to page top