ホーム > タグ > 奇祭

奇祭

“天下の奇祭” 数方庭祭

下関市にある城下町長府の夏の風物詩と言えば、

“天下の奇祭” 数方庭祭です

毎年8月7日~13日まで、忌宮神社境内で行われるこのお祭りは、

仲哀7年(198年)より始まった、大変歴史の長いお祭りです

 

長いのは歴史だけではありません

そのスタイルは、竹竿幟と切籠(きりこ)と言われる笹飾りを抱えて境内を歩くのですが、

大幟の中には、長さ30メートル、重さ100キロというものもあるそうです

ちょっと文章ではわかり辛いかもしれませんね

長府観光協会のホームページをご覧になると、その様子がわかります

それにしても、今年で1811年とは何とも歴史の長いお祭りです

見られたことの無い方は、是非一度足を運ばれては如何でしょうか?

“天下の奇祭” 数方庭祭

“天下の奇祭” 数方庭祭の準備が始まっているようです

フレームに収まりきれない程の竹竿が、祭りの勇壮さを想像させます

 

現在の数方庭祭のスタイルが確立したのは、長府藩三代藩主 毛利綱元公の頃だそうです

世は元禄、天下太平の時代に確立した現在のスタイルは、

言わば平和の象徴とも言えるかもしれません

このスタイルが、ずっと変わらずに済む世の中であって欲しいと願います

————————————————————————————————————————

山口県 下関市 大字延行119-1 : 合田燃料器機 ㈱: アルミュール : アルミュール ブログ : C99

————————————————————————————————————————

Home > Tags > 奇祭

Search
Feeds
Meta

Return to page top