ホーム > タグ > アート

アート

九十九伸一 油彩展 『光のカノン』へ行ってきました

昨日より大丸 福岡天神店本館6階 アートギャラリーで始まった九十九伸一油彩展『光のカノン』に、早速行ってきました

 

昨日のブログ「九十九伸一ミラノ展へのお誘い」でも書きましたが、

どうしても気になる絵があって、終末まで待てずに行ってきてしまいました

 

結論から言いますと…

昨日の予言は見事に的中してしまいました

開催初日で既に数点が売却済みになっており、

私が気になっていた絵も既に丸い売却済みのシールが貼られていました

ショック…

 

今回展示されているのは、殆どが新作です

私も実物を見るのは今回が初めてだったのですが、

写真データと九十九氏のお話から、これは絶対に好きな絵の筈というのがあったのです

やっぱり唾つけとけば良かったです(連日下品ですみません)

 

今回は、また新たな段階へと進んだ感じのする九十九氏の世界ですが、

とりわけ新しい境地に入ったと感じられるのが、植物の絵がある事です

勿論、単に植物を描いているのではないのですが、

新たな段階に入ったからこそ実現されたのだと思います

抽象過ぎてわからないと思いますが、

私の言葉で作品に誤解を与えてはいけませんので、

後は皆さんの目で実際に確かめて頂ければ幸いです

 

それにしても、開催後まだ2日しか経っていないのに、売約済みが多いのに驚きました

今回展示された作品を、また再び全てを見る事が出来ない事を意味しているのです

忘れないように、もっともっと見たかったと言うのが実感ですね

 

九十九伸一油彩展『光のカノン』、その雰囲気だけでもご覧下さい

九十九伸一油彩展『光のカノン』

大丸 福岡天神店本館6階 アートギャラリーは、比較的広く、シンプルで、作品も見易いです

九十九伸一油彩展『光のカノン』

写真では、とても九十九伸一氏の作品を伝えられません

九十九伸一油彩展『光のカノン』

九十九伸一油彩展『光のカノン』で見られる全作品を見られるのは、勿論会期中のみ、

来週の火曜日までで、2度と集まらないと思うと一度見ただけでは何だか落ち着きません

九十九伸一油彩展『光のカノン』

これらの写真は、全て九十九伸一氏より許可を頂いて撮影したものです

勿論ブログへの掲載許可も頂いています

基本的に写真撮影禁止なのは当然ですが、写真で写しても絶対に再現できないと思います

それほど、本物の作品は素晴らしいです

 

一人のアーティストの変遷を見ていく過程、

その歴史というか、時間の一部を共有し、

アーティスト自身の厚みを感じられる幸せは何にも変え難いものです

作品は、その過程の中の一部に過ぎないのかもしれません

時間軸の中で、極々短い断片だった作品に、段々と時間の厚みが出て来ている…

今回の個展は、そんな感覚を覚えたような気がしました

九十九伸一氏の世界は、まだまだパワーアップする事は間違い無いようです

惜しむらくは、その全てを忘れない脳細胞を私が有していない事でしょうか

全ての作品が手元にあるのは不可能ですからね

 

ミラノに行きたい………

————————————————————————————————————————

山口県 下関市 大字延行119-1 : 合田燃料器機 ㈱: アルミュール : アルミュール ブログ : C99

————————————————————————————————————————

九十九伸一ミラノ展へのお誘い

本日より一週間、いよいよ九十九伸一油彩展『光のカノン』が、

大丸 福岡天神店本館6階 アートギャラリーにて開催されます

開場時間は10時より20時(最終日は17時)です

私は一刻も早く訪れたいと思い、少し焦っています

というのも、新作でとても気になる作品が出展されるからです

売れてしまったらどうしよう…

でも、多分早々に売れてしまいそうな気がします

あぁ、唾付けとけばよかった(お下品ですね…)

 

そんな九十九伸一氏の油彩展「光のカノン」ですが、

ミラノでの個展が目前に迫っているため、

九十九氏は福岡での個展が終了すると間も無くイタリアへ行ってしまいます

その、イタリア・ミラノで開かれる個展の案内状を頂きました

picture2

ミラノで個展が開かれる会場は、サンタンブロ-ジォ聖堂(Basilica di San’t Ambrogio)です

聖アンブロージォ聖堂は379年に建立され、387年に聖アンブロージォに捧げられ、その名前がつけられましたそうです

ロンバルド・ロマネスク様式の女王と考えられているこの聖堂は、時代を経て多くの手直しがほどこされ、

第二次世界大戦中の爆撃を受けたにもかかわらず、現在に至るまで荘厳さと簡素さが維持された教会です

ここに祭られる聖アンブロージォは、ミラノの守護聖人です

このような場所で開かれる個展に興味が尽きない訳がありません

是非行きたいところではありますが…ちょっと難しいですね

 

また、九十九伸一氏の奥様は声楽家でいらっしゃるのですが、

奥様のコンサートも、同じくサンタンブロ-ジォ聖堂で開かれます

 

ロマネスク様式と近代アートのコラボレーション…

何方か私の代わりにミラノへ行き、感想をお聞かせ願えれば幸いです

このミラノ展の案内状は、私たちのショールームにも用意しています


大きな地図で見る

————————————————————————————————————————

山口県 下関市 大字延行119-1 : 合田燃料器機 ㈱: アルミュール : アルミュール ブログ : C99

————————————————————————————————————————

壁画「天使の階段」修復の視察

下関市上田中町にある私立 暁の星 幼稚園の壁画の状態を、

福岡市の大丸 福岡天神店で個展開催の為にスペインから帰国されている九十九伸一氏と共に訪れました

 

壁画「天使の階段」の全体はこのような感じです

壁画「天使の階段」

壁画を描いたのは昨年の7月後半です

約1年経った壁画の状態は、場所により若干の差が出ていました

坂道下の方の下地があまり良くない状態で描いた絵は、絵の具のひび割れが多く見られます

f1000698

坂道上の方は下地が比較的良かったためか、下の方ほど酷くはありませんが、

一部梅雨時に流れたと思われる泥水の影響を受けていました

壁画「天使の階段」

只、全体的には壁に壁画が馴染んで一体感が生まれており、

絵を描いた九十九伸一氏も充分納得の出来る変化だった事は幸いでした

 

壁画のテーマを「天使の階段」とし、

物質ではなく、雲をベースとした抽象的なデッサンを用いたことで、

時間と共に変化していく作品が、単に劣化していくのではなく、

壁と同化し、進化できるという芸術作品ならではの驚きを発見させてくれました

この作品に込めた想い、テーマの普遍性…

それらがぶれていない事を証明してくれた九十九伸一氏は、

真の芸術家であると改めて(当たり前ですが)強く認識する事ができました

スペイン国王は流石にお目が高い(私が言うと失礼ですね)と思いました

 

修復作業の方向性を確認し、

長いスパンでずっとこの作品とお付き合いして頂ける事を仰って頂き、

託された責任の嬉しさと重さを感じながら、

下関市長府にある「画廊and甘味膳 梵天」へと移動しました

そこで頂いたのが、抹茶と練乳と小豆のかき氷です

抹茶と小豆のかき氷

トッピングには柚子の皮を甘く煮た物が乗っています

あれ、これってメニューに載っていましたっけ?

特製のかき氷だったのかもしれません

このブログで見た「かき氷が食べたい!」

と言われても、出てくるかどうかを保証する事は私にはできませんが、

試しに聞いてみて頂くと、ブログを書く身としては嬉しいですね

大丸 福岡天神店で行われる九十九伸一油彩展『光のカノン』、是非行かれて下さい

そして、そこでも九十九伸一氏にブログを見て来ましたと伝えて頂くと、

九十九氏も必ず喜んで頂けると思います

————————————————————————————————————————

山口県 下関市 大字延行119-1 : 合田燃料器機 ㈱: アルミュール : アルミュール ブログ : C99

————————————————————————————————————————

熊谷守一版画展(福岡)

熊谷守一版画展が、福岡の珈琲美美・工藝風向で開催されます

 

熊谷守一に関して、私がここであえて語る必要も無い位有名な画家ですが、

実家にも何点か版画があり、また熊谷守一氏の娘である熊谷榧さんの絵もあることから、

馴染みの深い画家の一人です

「熊谷様式」と呼ばれる極端に単純化された形とそれらを囲む輪郭線、

平面的な画面の構成をもった抽象度の高い具象画は、

九十九伸一氏との画風にも少し似ていますが、

九十九氏の絵からは明るいバルセロナの陽光を感じるのに対し、

熊谷守一氏の絵からは「和」の光を強く感じます

私が特に好きなのは、晩年の作品です

その良い意味での「枯れ方」は、遊びというか、隙間というか、

何ともいえないゆとりや懐を感じさせ、見るものを和ませてくれるのです

個人的に好きな作品のひとつに墨絵の「喜雨」がありますが、

今回の展覧会にも出品されていますので、是非ご覧下さい

 

『九十九伸一油彩展“光のカノン”』も、博多大丸で開催されますので、

合わせてご覧になられることをお勧めします

picture11

豊島区立熊谷守一美術館 ; 熊谷榧さんが父の旧居に設立した美術館(現在は豊島区立に)

熊谷守一記念館 ; 生まれ故郷、岐阜県中津川市にある記念館、守一ことば集が素敵です

愛知県美術館 ; 木村定三コレクション等

————————————————————————————————————————

山口県 下関市 大字延行119-1 : 合田燃料器機 ㈱: アルミュール : アルミュール ブログ : C99

————————————————————————————————————————

Home > Tags > アート

Search
Feeds
Meta

Return to page top