CSRへの取り組み

CSRへの取り組み

CSRとは

企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility)とは、企業が利益を追求するだけではなく、組織活動が社会へ与える影響に責任を持ち、利害関係者からの要求に対して、適切な意思決定したことを指し、尚且つ説明責任をするものとされています。持続可能な社会を目指すためには、企業の意思決定を判断する利害関係者側である消費者の社会的責任(Consumer Social Responsibility)、市民の社会的責任(Citizen Social Responsibility)も必要不可欠だと考えられています。

そして2010年、国際規格ISO26000:2010(企業に限らず組織の社会的責任に関する国際ガイダンス規格)が新たに策定されました。

私たちの考えるCSRとは

私たちの考えるCSRとは、社会的な存在としての企業が、企業の存続に必要不可欠な社会の持続的発展に対して必要なコストを払い、未来に対する投資として必要な活動を行うことです。 しかしながら、私たちには大きな企業に必要とされるような役割を果たす事は不可能です。

身の丈にあった地域密着型の活動で、尚且つ私たちの持つ存在価値そのものが活きる形で、企業活動同様未来永劫に持続しなければならないものだと考えています。

更に、これらの活動が正しいかどうかの指標として、ISO26000:2010に順守する事を目指します。

“アルミュール”は、CSRの総称

まずは、企業の営利活動そのものの品質を恒常的に良くする品質管理システム(ISO9001)の構築と、全ての活動に対して発生する環境負荷の低減を行う環境管理システム(ISO14001)を構築しました。内部統制やリスクマネージメントを適切に行う事により、情報漏洩によるプライバシーの損失やコンプライアンスの順守は勿論ですが、私たち独自の“アルミュール”という活動を行う事で、地域の持続的発展に役立ちたいと考えています。

更に、ISO26000:2010に照らし合わせ、ショールームの使用料は全て弱者救済の為の寄付金とし、私たちの利用者は特に意識する事なく環境負荷の低減と社会貢献をするシステムを構築しています。

これらの活動は、ホームページ並びにブログにて公開いたします。

合田燃料機器株式会社

代表取締役 合田 哲朗