一般事業主行動計画

 社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間 平成28年12月 1日~平成33年11月30日までの5年間

2.内容

【目標1】

働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備

時間外労働の縮減

<対策>
    • 平成28年12月~ 所定外労働の現状を把握
    • 平成29年 7月~ 社内検討委員会での検討開始
    • 平成29年10月~ 検討委員会での中間報告(社長を含めて実施状況確認)
    • 平成30年 4月~ 「今日は早く帰ろうデー」(仮)の社内周知および実施
    • 平成30年 4月~ 管理職への研修及び社員への周知
    • 平成30年 4月~ 制度の整備(就業規則の見直しも含めて)
   

【目標2】

子どもが保護者である社員の働いているところを実際に見ることができる

「子ども参観日」を実施する。

<対策>
    • 平成29年 7月~ 検討会の設置
    • 平成30年 4月~ 社員への参観日実施についての周知
    • 平成30年 8月~ 参観日の実施、社員へのアンケート調査、次回に向けての検討