Home

下関市 | アリュミュールブログ | 合田燃料機器株式会社

今月のショールーム行事予定表

今月のショールー行事予定表を更新しました。

ショールームの行事予定表は、合田燃料機器㈱のH.P.にあるイベント情報一覧よりご確認下さるようお願いします。

————————————————————————————————————————

山口県 下関市 大字延行119-1 : 合田燃料器機 ㈱:  アルミュール ブログ

:カナエアイC99Facebookファンページアルミュール

————————————————————————————————————————

絵本「くまもんとブルービーのなかまたち」を寄贈させて頂きました

絵本「くまもんとブルービーのなかまたち」を下関市を通じて市内にある幼稚園・保育園・認定保育園84施設、また、下関市こども発達センターや社会福祉法人じねんじょ・かねはら小児科等市内各所へ寄贈させて頂く為に100冊を購入いたしました。

この絵本は、作家・写真家で熊本県南阿蘇にある葉祥明阿蘇高原絵本美術館館長の葉山祥鼎(はやましょうてい)さんによる文と、画家・イラストレーターで現在スイス在住のハヤマテイジさんの絵による合作です。

また、今回の寄贈は下関市長府にあります画廊茶屋梵天を経営される株式会社ノマ企画様で開催されていた葉山祥明絵本美術館と南阿蘇復興のための絵本原画展や関連グッズ販売に端を発しており、絵本やグッズの全売上が寄付されるという素敵な企画に賛同したものです。また、ノマ企画様におかれましては、他にも素晴らしい復興支援の企画をされておりますので、是非下記URLをご参照下さい。

http://www.nomakikaku.com
子供たちへ寄贈するにあたり、くまもんとブルービーのなかまたちが手を取り合ってツリーハウスを作る物語性も、復興支援で手を取り合う姿に重ね合わせ、困った時には助け合う精神と、くまもんやブルービー通じて熊本を好きになって欲しいという意味も込められています。

復興支援の形にも色々とありますが、今回このような形で子供たちへもプレゼントが出来ました事を大変嬉しく思っています。

また、絵本購入資金は弊社ショールームを市民の皆様に貸し出させて頂いております(ショールーム行事予定をご参照下さい)使用料から全額支出しております。従って、この寄贈は、弊社をご愛顧頂いているお客様と、弊社ショールームをご利用して頂いている皆様、そして弊社スタッフや関係各位様に支えられて、共に行ったものです。私共にこのような機会を与えて下さった事に改めて感謝いたしますと共に、今後とも弊社を信頼しご利用頂けますよう、より一層の努力をしてまいりたいと思います。

子供たちは人類共通の宝です。未来を担う子供たちに、少しでも負の遺産を残さない、そして持続可能な社会を実現する、そのために出来る事を精一杯やるのがアルミュールの目的です。教育・文化といった国の根幹を支える部分に於いても、尽力してまいる所存です。

絵本贈呈式

下関市役所にて絵本贈呈式
かねはら小児科にて
かねはら小児科にて
下関こども発達センターにて
下関こども発達センターにて
————————————————————————————————————————

山口県 下関市 大字延行119-1 : 合田燃料器機 ㈱:  アルミュール ブログ

:カナエアイC99Facebookファンページアルミュール

————————————————————————————————————————

Light It Up Blueに参加しました

今年で6回目の参加となります、世界自閉症啓発デー(4月2日)のLight It Up Blue

今回は、二つある天窓のうちの一つも青くしてみました

少しずつでも、自閉症に対する理解が進む事を心より祈念しています

Light It Up Blue

Light It Up Blue

Light Up It Blue

Light Up It Blue

Light Up It Blue 2016 遠景

Light It Up Blue 2016 遠景(天窓)

————————————————————————————————————————

山口県 下関市 大字延行119-1 : 合田燃料器機 ㈱:  アルミュール ブログ

:カナエアイC99:Facebook(合田燃料器機 ㈱アルミュール)

————————————————————————————————————————

三女の誕生日

昨日は三女の誕生日でした。

僕と同じ9月生まれの乙女座。
神経質でロマンチスト(笑)。
次女と一緒に器械体操を頑張っています。
ごめんね、良い運動神経を持ち合わせてなかったから、受け継いだDNAの為に苦労させちゃって!

今日まで無事に育ってくれてありがとう♪
これからも健康に育って下さい!

サラダ

三女の好きなナポリタンの添えられたサラダ♪

牛肉のたたき

皆大好きな牛肉のたたき♪

おにぎり

おにぎりに使うお米には餅米が入っています♪

ハッピーバースデー♪

毎回恒例のハッピ−バースデー♪を長女のピアノで歌いました

バースデーケーキ

バースデーケーキはケーキハウスチカヨーさんの生クリーム♪

願い事

どんな願い事をしたのかな?

笑顔が何よりの誕生日でした♪

————————————————————————————————————————

山口県 下関市 大字延行119-1 : 合田燃料器機 ㈱:  アルミュール ブログ

:カナエアイC99:Facebook(合田燃料器機 ㈱アルミュール)

————————————————————————————————————————

リフォーム まるごと 相談会

リフォーム まるごと 相談会 が、9月7・8日(土・日)山口合同ガス ひまわり館で開催されます。

TOTOリモデルクラブ下関店会の5社が、TOTODAIKENYKK apの協賛を得て開催する今回のリフォームまるごと相談会、海峡メッセで開催されていた展示会とは全く違ったアプローチではじめて行われます。

まず、TOTODAIKENYKK apの三社による展示は勿論ですが、ひまわり館に常設してある他社との製品と比べる事により、各社製品の違いがよく分かります。通常バラバラにあるショールームをハシゴするのは大変ですが、この週末なら一ヶ所で済みます。

次に、ひまわり館ならではの最新ガス機器が見られます。普段は敷居が高くてなかなか入り辛いと感じるショールームも、今回は気兼ねなくお入り頂けます。単なるリフォームだけではなく、エネルギーに関する知識やアドバイスが得られるのも大きな特徴です。都市ガス・LPガス問わず、お気軽にご相談下さい。

そして、お楽しみ抽選会は全国の麺類が当たるサイコロ抽選会と、最新のガス器具を使ったお料理実演会が開催されます。どちらもお腹に嬉しいですね。

リフォーム まるごと 相談会、是非お気軽にいらして下さい。

リフォーム まるごと 相談会

TOTO•DAIKEN•YKKAP

————————————————————————————————————————

山口県 下関市 大字延行119-1 : 合田燃料器機 ㈱:  アルミュール ブログ

:カナエアイC99Facebookファンページアルミュール

————————————————————————————————————————

電気自動車 ( 軽ワンボックス ミニキャブ・ミーブ ) を導入しました。

電気自動車 ( 軽ワンボックス ミニキャブ・ミーブ ) を導入しました。完全に電気だけで動く車両は、電動バイクに次いで2番目となります。

導入したのは、三菱自動車の軽ワンボックス、ミニキャブ・ミーブ(minicab Miev)です。2種類ある電池容量の大きい方、16kwのハイルーフに、メーカーオプションとして冷房効果の高いプライバシーガラス・急速充電コネクター・リモコン付きセンタードアロック・そしてこれは出来れば付けたくなかった(笑)『電気自動車』と思いっきり書いたエクステリアデカールを。また、ディーラーオプションとして、1500WまでのAC電源を車両のバッテリーから取り出せるMiev power BOX・前席と荷室を分けて空調する空間を小さくするエアセパレーター・暖房と冷房の補助をするクール&ウォームクッションを注文しました。

電気自動車 ミニキャブ・ミーブ(minicab Miev)

三菱自動車の軽ワンボックス、ミニキャブ・ミーブ(minicab Miev)

三菱自動車の軽ワンボックス、ミニキャブ・ミーブ(minicab Miev)は、私の嫌いな(笑)「電気自動車」と書いたデカールがなければ電気自動車とはわからない位、ガソリン車との違いはありません。在庫車購入のため、デカールは選べませんでしたが、出来ればこれ見よがしなアピールは避けたかったところ…何故なら、電気自動車だから環境に優しい!などと勘違いされるのが嫌だからです。これまで電気自動車に興味はあったものの、航続距離やインフラの問題、電費を含めたトータルライフサイクルコストの問題、そして価格等で二の足を踏んでいましたが、一番懸念していた電力需給増大に繋がるという部分(原発の再稼働や新設に繋がる)を、極力天気の良い日中に太陽光発電で充電し、その他は深夜に充電する事でピークカットを心がけるように運用して対処する事で導入を決意しました。

MiEV power BOX

MiEV power BOX

上の写真はMiEV power BOX。今回導入する一つの大きな要因となったのがこの装置です。冒頭にも書きましたが、ミニキャブ・ミーブのバッテリーからAC電源を取り出す装置です。1500Wまでですが、様々な用途に使えます。例えば、工事現場で使用する投光器やポンプ等、従来であればガソリンを使った発電機(決して環境的には褒められません)を使用する変わりに、MiEV power BOXを使えば無騒音・無排気で使える訳です。これで、トータルライフサイクルコストを少しでも下げられるし、騒音も出さずに済みます。自然エネルギーと余剰電力を利用する事を前提に、21世紀型仕事スタイルだと思います。因に、私たちはこれまでガソリンを使用した発電機を使用していましたが、よりクリーンな排気を求めてLPGを燃料とした発電機も既に導入しています。こちらは、現場での使用は勿論ですが、社屋用の非常用発電機としても利用出来る様、LPGバルクタンクからも供給出来る様に設備がしてあります。軒下在庫がある限り、一部ではありますが電源確保出来るようにしています。MiEV power BOXとの併用で、災害時もより安心ですね。

ミニキャブ・ミーブのメーターパネル

ミニキャブ・ミーブのメーターパネル

ミニキャブ・ミーブのメーターパネルはご覧の通りシンプルです。真ん中にスピード、その周囲にパワーメーター、右が距離、左が電力量のメーターです。パワーメーターは、一見スピードメーターのように見えますが、瞬間の走行状態を教えてくれます。深くアクセルを踏めば右側のパワーゾーンに、電費の良い状態なら緑のエコゾーンに、そして減速時やフットブレーキを踏んだ時に回生充電するチャージゾーンに分かれています。走行時はなるべく緑のエコゾーンに針がくるように心がけて運転すれば電費が良くなります。右のトリップメーターは、トータルの走行距離とリセット可能なトリップメター、それに電気が無くなるまで走れるおおよその距離が表示されます。左の電力量計と合わせて見れば、電欠になって立ち往生する事も無いでしょう。

走らせるのはとても簡単です。通常のようにキーを刺し、フットブレーキを踏みながらキーを回してメーターパネル左にあるグリーンの“READY”が点灯すれば直に走り出せます。後は普通にアクセルを踏むだけ。ゴルフ場のカートとなんら変わりありません。車なのにエンジン音がしない!のは電気自動車なので当たり前ですが、カートと違って箱(車体)の中ですから、音も風も受けないのでスピード感を掴むのには少し慣れが必要かもしれません。シフトレバーもフロアにありますが、通常のATの操作と大差ありません。通常のドライブモードと、電費に効くであろうエコモード、それに回生ブレーキの効きが強くなるブレーキモードがあります。エコモードに入れておけば加速が鈍くなり、アクセルワークを人間の代わりにゆっくりと踏んだ状態にしてくれます。それと同時に、アクセルオフにすれば回生も強く効くようになるので、この辺りの制御がEVならではのところですね。

走行性能は悪くありません。特に発信加速は力強く、明らかにレシプロエンジンの軽自動車よりも素早く加速します。これは動き出す時に最大トルクを発生するモーターならではの特性ですね。その逆に、スピードが上がって行くと反比例するように加速は鈍くなります。走行時はとにかく静かです。車両接近通報装置の音が微かに聞こえますが、歩行者保護の為には仕方ありません。これはスイッチで切る事も出来ます。ただし、静かなのはエンジン音がしないだけで、その他の音は実用車として標準的に聞こえますし、モーターの音も小さいですが聞こえます。前出の通り、スピード感や加速感はエンジン音が無いため解り辛く、慣れない人は運転手であっても酔い易いかもしれませんが、昨今のルーズなCVTやトヨタのストロング型ハイブリッドに慣れている人には違和感が無いかもしれません。

オプションでつけたクール&ウォームクッションは、寒い時は内蔵された電熱線によりクッションが暖かくなり、暑い時にはシートカバー下部のファンが回り、クッション内部から風を出すという装置です。電気の使用を少しでも抑えようという装置ですが、いかんせんカバーの形状が身体を支える形になっておらず、幅も狭い為身体が安定しません。アイデアはいいのですが、安全士も含めてもう少し形状を考えて欲しいところです。因に、節電の為(軽量化も多少ある?)か、パワーウィンドではなく、手で回して開け閉めする窓になっています。車両価格を考えると?な感じですが、パワーウィンドは結構電気を使うのかもしれませんね。荷室側の室内灯も装備されていません。LED球にする等で対応して欲しいところですね。

ミニキャブ・ミーブ 急速充電

ミニキャブ・ミーブを急速充電

ミニキャブ・ミーブを急速充電してみました。時間はカタログ上電力量計が残り1目盛りから満充電の80%まで約35分と書いてありますが、実際にはもう少しかかるように長く感じます。商用車としては、このタイムロスは大きすぎますね。基本的には電欠になりそうな緊急時のみに使用するような使い方になると思います。急速充電に使用される電気が自然エネルギー由来の物では無い可能性が大きいですしね。 この16kwのバッテリーを積むモデルのJC08モード時における航続距離は150kmとされています。実際にどの程度走れるのかはこれから徐々に解ってくると思いますが、暖房や冷房、積載の負荷等を考え、目安として100km程度を予測しています。電費の管理が正確に出来ないのがちょっと問題ですが…

これまで私たちは、1998年に1台の平ボディーガソリントラックをLPG車に転換して以来、軽ワンボックスは全てLPG車(2台は既に第二世代に移行)、軽トラックはLPG・ガソリンのバイフューエル、2トンダンプもLPG、LPGボンベ配送車はLPG車からクリーンディーゼル車へ、そして普通車・軽自動車2台のハイブリッドカー(ガソリン・電気)に、JC08モード30km/lの軽自動車2台、電動バイク1台を導入してきました。普通のガソリン車は予備の軽トラック1台のみです。今回のミニキャブ・ミーブ導入は近距離での使用を中心に、これから実際に運用しながらよりよい使用方法を探っていこうと思っています。持続可能な社会を目指し、これからも私たちはその時点での最適解を常に求めながら歩んで行きますので、是非応援して下さい!

————————————————————————————————————————

山口県 下関市 大字延行119-1 : 合田燃料器機 ㈱:  アルミュール ブログ

:カナエアイC99Facebookファンページアルミュール

————————————————————————————————————————

FRUSIC の ドラゴンジャム

ドラゴンジャムってご存知ですか?名前の通り、ドラゴンフルーツで作ったジャムなんです。先日私たちも参加した低炭素杯2013で知り合った岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾で、農業法人を営むFRUSICさんのドラゴンジャムを紹介します。

ドラゴンジャム

FRUSICさんを経営する渡辺さんは、元々は建設業を営んでいらっしゃったのですが、約7年前より農業に転身。地域資源の1つである温泉を活用した、環境に優しい温泉農業を柱とし、観光+農業+資源の3つを柱とした観農資源を元に、地域の循環型社会の可能性を追求されています。(オクヒダンスタイルと呼んでいるそうです)

その姿勢に感銘し、今回FRUSICさんの農園で作られたドラゴンフルーツのジャムを取り寄せてみました。温泉や観光、環境だけではありません!農園で作られる拘りのドラゴンフルーツから作られたドラゴンジャムですから、味見する前から残留農薬の心配もせずに済みますし、余分な添加物も入っていませんので、子供にも安心して食べさせる事が出来ます。今回は赤・白・新製品の紫を頼みました。

FRUSIC さんの 素敵なパッケージ

FRUSICさんのパッケージはとてもシンプルで素敵ですね♪

ドラゴンフルーツというと、あまり味が無いような印象があるのですが、FRUSICさんのドラゴンフルーツはとても甘く、その糖度を聞いてビックリ!赤と白に使われているドラゴンフルーツは糖度16以上、紫は何と18以上!なので、お砂糖の量も少なく、結果低カロリーなので、体重の気になる私をはじめ、女性には特に嬉しいですよね♪しかも、食物繊維やカリウム、マグネシウムも豊富に含まれているので、健康を気にする方にも最高です。

ドラゴンジャム と 焼きたてパン

ドラゴンジャム と 焼きたてパンの組み合わせはもう最高!今日はショールームでパン教室がある日だったので、こんなに幸せなコラボはありません。早速頂きました。が、これ以降の感想はあくまで個人のものなので、グルメレポーターでない私の拙い表現をお許し頂ければと…(^^;)。まずは赤から頂きました。強い!というか、しっかりとした味わいです。なのに、後にはそんなに残らず、未だ経験した事の無い高糖度のドラゴンフルーツの果肉を濃縮して頂いたって感じです。変な癖とか強い匂いはありません。これならどんな素材にも負けない存在感を示しながら、尚且つ他の食材とのバランスを崩さず、美味しく食事できそうです。次に白。これは大人の味ですね。極力プレーンな素材と組み合わせ、その優しい甘みと酸味を楽しみたい味です。私の好きな環境音楽みたいかな。そして、最後は紫。他のジャムと違って粘度が低く、ジャムというよりは高級ソースといった感じ。自然の甘さが強く、しかも上品。これならソースとしても色々な料理やデザートにも合うでしょう。後はこのブログを読まれた貴方が、ご自身の舌でご確認下さい。絶対にオススメです!ご贈答にも最適ですね♪私なんかよりも遥かに舌の肥えたパン教室のM先生も絶品と太鼓判おされてましたから間違いありません。あ、M先生は「ジャムだけでも美味しい!」とパンなしで食べてます!!

ヨガ教室の皆さんにドラゴンジャムを試食して頂きました

今日はヨガ教室も開かれたので、教室の皆さんにもFRUSICさんのドラゴンジャムを試食して頂きました。立っているのが私ですが、ネクタイが曲がっているとか口がとんがっているとか気にしないで下さい。奥ではM先生のパン教室の様子も見えます。

ドラゴンジャム大好評!

予想通り、ドラゴンジャムは大好評!あっという間に試食分が無くなりました。間違った説明をしてはいけないので、FRUSICさんに頂いた資料を元に皆さんに紹介中。味だけじゃなく、温泉農業や低環境負荷にも興味津々です。すっごく感謝されましたが、いやいや、私は単に低炭素杯の同士を応援したかったし、素敵な取り組みと素敵な製品を自慢出来てみたいで、こっちが感謝したい位ですから♪

FRUSICさんの農園では、奥飛騨の農園でドラゴンフルーツを栽培しています。サボテン科のドラゴンフルーツは、夜に奇麗な花を咲かせるそうで、夜の観光スポット(6〜10月・要予約)にもなっているようです。勿論他の季節も見学できて、併設された喫茶・那由他ではドラゴンジャムのかかったドラゴンソフトも!他にも、美濃加茂の農園ではアセロラを栽培していて、アセロラ狩り(6〜10月・要予約)も出来るそうです。完熟のアセロラは農園でしか食べられません。これは是非一度は味わっておきたいですよね。アセロラゼリーも人気だそうです。

また、FRUSICさんではアグリ・スクールⅠ〜Ⅲで、子供から大学生までを対象とした農業や自然エネルギー・地域資源を学習出来る講座があったり、大人用の視察コースも準備されていますので、単に美味しさだけでなく、様々な事が学べます。地域社会のあり方を学習するにも最適と言えるでしょう。

他にも山羊を使って公園の雑草等の手入れを管理される「緑の絨毯計画」を行ったり、本当に頭の下がる思いですね。

取り組みが素晴らしい上に、商品も超魅力的なFRUSICさん、FRUIT(フルーツ)+MUSIC(ミュージック)でフルージックと読みますが、もう覚えましたね?あ、すみません、最初に書くべきでした(汗)。こんな企業を見ると、日本もまだ捨てた物じゃないな〜って思えます。皆さんも是非応援して下さい!

農業生産法人(有)FRUSIC(フルージック)

〒506-1423

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾952

ホームページ:http://www.frusic.co.jp

————————————————————————————————————————

山口県 下関市 大字延行119-1 : 合田燃料器機 ㈱:  アルミュール ブログ

:カナエアイC99Facebookファンページアルミュール

————————————————————————————————————————

地球温暖化対策優良企業知事表彰を受賞しました

地球温暖化対策優良事業所として、山口県知事表彰を受賞しました。

1998年、750kg平ボディートラックをガソリン車からLPG車に変更したのを皮切りに、軽1BOXLPG車4台(うち2台は今年度新車に更新)、軽トラック1台(LPG・ガソリンバイフューエル車)、2tダンプカーのLPG車1台、3tLPG配送車(LPG車から昨年度最新のディーゼル車(尿素水・機械式デュアルクラッチAT・アイドリングストップ)に変更)1台、軽乗用車3台(ハイブリッド1台、第3のエコカー2台)、普通乗用車1台(ハイブリッド)を導入し、普通ガソリン車(予備の軽トラック)1台を除き、全て環境に優しい車両で運用しています。

2003年に新築した社屋は、全館LPGによるGHP(ガスヒートポンプ)エアコンと熱交換型換気システムの採用、2カ所の天窓を含む採光の工夫による明るい社内、節水型便器や水力発電型小便器ストールの採用、自然素材の外壁や多くのグリーン購入品を採用しました。

また、2010年度に、平成22年度山口県地域グリーンニューディール基金事業(環境やまぐち省エネ事業所普及促進事業)並びに平成22年度民生用燃料電池導入支援事業による設備導入をし、太陽光発電、燃料電池(エネファーム)、風力・太陽光発電併用ハイブリッドLED街路灯(独立電源)、窓ガラス紫外線・赤外線カットコーティング、直管蛍光灯型CCFL照明を導入しました。この結果、2011年度のCO2削減は、2010年度と比べて約6.85t(23.75%)、売電した電力が全て消費されたと仮定した場合、約16.3t(56.51%)になりました(風力発電による街灯の消費電力は含まれておりません)。電力のみを見た場合、購入電力よりも売電電力の方が上回り、仮に売電した電力が全て消費された場合約14.21t(107.81%)となり、数字上は全ての電気を自家発電で賄えた事になります。

これらの対策が評価されての受賞となりました。

また、昨年度は電動バイクを1台導入し、太陽光で発電した電気のみを充電し、100%ゼロエミッションを実現しています。今年度もTEC値0.95の複合機を導入する等、今後も留る事なく常に環境問題に取り組んでまいります。

平成24年度地球温暖化対策優良企業知事

タイヤがパンクしました

トヨタ プリウス2代目NHW20型2003年モデル)のタイヤがパンクしました。4度目でしょうか、標準のタイヤはよくパンクする気がします。パンク以外にタイヤ交換した記憶は無く、今回多分初めて4本全てを新品に替えました。タイヤ交換する時はいつもどれにしようか迷います。しかしながら、なるべく下関に工場のあるブリジストンにしようと思い、今回チョイスに悩んだのは2種類です。一本は最新のエコピアEP100S、もう一本はレグノ GR-XTです。エコピアEP100Sは、転がり抵抗係数6.0N/kN、AAAの超低燃費タイヤ。しかも2サイズしかないうちの一方という、正にプリウスの為のタイヤみたいです。一方のレグノ GR-XTは、転がり抵抗はエコピアに劣るものの、それでもA等級の低燃費に加え、ウェットグリップ性能もb(エコピアEP100Sはc)、更に乗り心地と静寂性に優れた高バランスが売りです。迷った挙句、尋ねたタイヤ屋さんへ電話したところ、「エコピアは在庫が無く明日になります。レグノは今日でも大丈夫です」との回答に、「ではレグノでお願いします」と即答しました。いやいや、これはもう今日中に交換しないといけないという大義名分の下、選択する必要が無くなって一安心ですよね。優柔不断で申し訳ありません。電話では最初にエコピアをオーダーしたのですが、超低転がり抵抗には興味津々なのとは裏腹に、ドライ・ウェットグリップ性能や直進安定性に若干の不安もあり、結果的に良い判断になったと思っています。プリウスでは片道100キロ程度の移動も時々有り、高速走行もするため、元々直進安定性が凄く良いタイプの車で無かったので尚更です。まだ1日しか乗っていませんが、フィーリングの違いだけでもお伝えしようと思います。

タイヤがパンクしました

見事に空気が抜けて、タイヤがパンクしています。銘柄はメーカー標準仕様のヨコハマDNA、サイズは185/65R15Sです。

ブリジストン レグノ GR-XT

ブリジストン レグノ GR-XT です。サイズは185/65R15Hです。このタイヤは、グリーン購入法に適合しています。振動・騒音に優れ、音質にも拘っているようですが、正直あまり違いは実感出来ていません。快適な乗り心地とリニアなハンドリングという謳い文句に関しては、空気圧をどれ位にしたのか確認していないため何とも言えませんが、乗り心地に関しても違いは感じられません。鈍感なんでしょうか…。ハンドリングに関しては、リニアというよりも軽くて操舵感には乏しい感じがしました。新品タイヤなので、一皮剥けてからでないと正確な判断は出来ないでしょう。元々リニアなハンドリングではないプリウスなだけに、ハンドリングに関してはあまり気にしていないのですが、長距離運転時の疲れに直結する直進安定性に関しては、高速走行をしていないので何とも言えませんが、普通のレベルのようです。乗り心地とハンドリングに関しては、レグノというブランドからすると物足りない気がしました。しかしながら、転がり抵抗に関しては明らかに違いがはっきりとわかります。このタイヤがエコピアを名乗っても、何ら不思議は無い位に良く転がります。私がトヨタ プリウス2代目NHW20型2003年モデル)を運転する際に意識している滑空(セイリング)時の車速の落ちが断然少ないのです!これには驚きました。これまでよりかなり長い距離滑空出来ます。乗り心地やハンドリングがやや曖昧な感じ方であるのに対し、転がり抵抗はハッキリと違いがわかります。もしこれがエコピアEP100Sだったら、更に燃費は良くなったかもしれませんが、レグノ GR-XTよりも操縦安定性が落ちるのであれば、私にはこの位のバランスが最適だと感じました。元々操縦安定性に優れているとは言い難いプリウス2代目NHW20型2003年モデル)では、ストレス無く運転出来る事の方が重要だからです。決してグリップが高い訳でも、操縦安定性がリニアな訳でもありませんが、それを求めるのであればポテンザ等のハイグリップタイヤを履くべきですし、燃費に重きを置く私としては、レグノ GR-XTが最良のバランスなのでは無いかと感じました。本当はもっとスピードダウン出来れば、燃費も重大事故も減ると思いますが、現在の下関での交通事情を考えると、非常に平均速度が高いが故、これ位の操縦安定性は必要だと思います。しかしながら、環境や事故の事を考えると、法定速度厳守あるいは法定速度の引き下げ等もしなければならない状況なのではないでしょうか。ネズミ捕りが悪いとは言いませんが、もっと積極的にスピードダウンをさせる事を国全体で考える時期が、もうすぐそこまで来ていると思います。事故もそうですが、環境に対してもっと危機感を私たちは持つべきでしょう。最後に、新町1丁目交差点付近でパンクしている事を走りながら知らせてくれた日産キューブのドライバーの方、この場をお借りしてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

————————————————————————————————————————

山口県 下関市 大字延行119-1 : 合田燃料器機 ㈱アルミュール : アルミュール ブログ : C99

————————————————————————————————————————

 

 

第5回 平成53年度卒 下関市立 日新中学校 同窓会

第5回 平成53年度卒 下関市立 日新中学校 同窓会 が 、1月2日シーモール下関4Fにあるハッピーハウスで開催されました。前回の同窓会から約2年、漸くリアルタイムの同級生との距離感が近くなってきた気がします。でも、まだ思い出せない人も多いんですよね…(^_^;) 歳は取りたくないものです。でも、今回は前回と違う友達とも喋れて楽しかったです。特に変わったな〜と思ったのは、私の書くブログを見た人が何人かいたり、それを切っ掛けに参加しようと思ってくれた人がいたり、フェイスブックで友録して参加する事になった人がいたりして、ネットの力って侮れないな〜と改めて感じたことです。また、当日参加出来なかったフェイスブック上の同級生に写真を公開したり、動画でのメッセージをアップしたりしました。リアルタイムではちょっと難しかったですが、これを機会に次回はその友人も参加したいと言ってくれました。まだ参加するのに躊躇している同級生もいると思いますが、もしも気が向いたら一報下さい。音信不通になっている人も沢山いると思いますので、通知が来ないと思っている人は、s53nisshin@gmail.comまで連絡下さい。それにしても、同級生ってありがたいです。同じ学校を同じ年に卒業しただけなのに、それだけでほぼ皆友人♪今は色々立場も違うけど、昔は皆同じ生徒。だから、皆平等で、職業とか肩書なんて何も影響無い。リアルタイムな世界とは違う、学校と同じ空気が流れるのが凄いです。そんな空気の中、思い出せなかった記憶が少しずつ蘇ってきたりします。ま、良い記憶ばかりとは限りませんが(笑)。それも笑えてしまう位、年月は経っています。初めはとても思い出せそうになかった頑固な過去の記憶を記録した脳細胞も、何時の間にか複雑に絡んだ知恵の輪がスルリスルリとほどけるように記憶は少しずつ解きほぐされ、解けたピースはシンプルそのもので、初々しい素の自分に戻れたような気がしました。周り見渡すと、皆昔と同じ笑顔をしています。第三者から見ると、単なるおじさん・おばさんの集まりなのでしょうが、当事者の目には昔の学生服姿と変わらぬ容姿に見えるのです。ま、ちょっと無理がある場合も有りますけど…(笑)容姿はともかく、性格って変わりませんよね。っていうか、折角来てくれた戸嶋先生の話は聞こうよ、まるで昔の授業風景(あんなには騒がしく無かったかも)を見てるようで、僕は情けない!と、Y君とT君が言ってました(笑)。皆変わってないよね~

20120110-222732.jpg

第5回 平成53年度卒 下関市立日新中学校 同窓会を準備してくれた幹事さん達に感謝します。楽しい会をありがとう♪また会いましょう!

————————————————————————————————————————

山口県 下関市 大字延行119-1 : 合田燃料器機 ㈱アルミュール : アルミュール ブログ : C99

————————————————————————————————————————

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top